代表確定の野口 2位も手応え「きっちり登れて良かった」

[ 2020年8月12日 05:30 ]

スポーツクライミング リード・ジャパンカップ最終日 ( 2020年8月11日    岩手県営スポーツクライミング競技場 )

決勝で完登し笑顔の野口(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 東京五輪代表に決まっている女子の野口と、男子の楢崎智はともにタイトルを逃した。

 野口は完登しながら2位だったが「きっちり登れて良かった」と振り返る。五輪を見据え実家に完成した壁で本番と同じ時間帯でスピード、ボルダリング、リードをこなすシミュレーションにも着手。楢崎智は4位にとどまったが「感触としては良くなっている」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月12日のニュース