ジョコビッチ 31日開幕全米OP欠場も…ナダル、フェデラーらも不在で大会“大打撃”

[ 2020年8月7日 05:30 ]

男子テニスで世界1位のジョコビッチ(AP)
Photo By AP

 男子テニスで世界1位のノバク・ジョコビッチ(33=セルビア)が全米オープン(31日開幕)を欠場する可能性があると、英紙ガーディアンが5日に報じた。出場予定リストに名はあるが、最終決断は数日以内に下すという。

 9月27日に全仏開幕を控えており、米国からの移動は制限を伴う可能性があるため前年覇者ナダル(スペイン)は欠場。無観客の今年はシングルス優勝賞金が前年より85万ドル少ない300万ドル(約3億1700万円)に減額されるが、優勝5回のフェデラー(スイス)も手術明けで欠き、ジョコビッチまで欠場となれば、大会にとっては大ダメージとなりそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年8月7日のニュース