阿炎が休場 また無自覚行動…外食自粛破り会食 錣山親方謝罪 検査実施へ

[ 2020年7月26日 05:30 ]

大相撲7月場所7日目 ( 2020年7月25日    両国国技館 )

阿炎
Photo By スポニチ

 幕内の阿炎が会食で休場となった。師匠の錣山親方(元関脇・寺尾)は、阿炎が数人の客と会食していたことが判明したため、新型コロナウイルス感染の可能性を考慮して休場させたとテレビ中継中に明かした。

 阿炎は26日以降に抗原検査やPCR検査を受ける予定で、結果が判明するまで休場となる。複数の関係者によると部屋の違う休場中の幕下以下の力士も会食に同席しており、協会が事情を聴いている。

 幕内土俵入りに阿炎の姿がなかった。インターネット上では「何が起きたのか」とざわつき始めた。するとNHKのテレビ解説だった錣山親方が放送の中で口を開いた。「数人のお客さまと会食に出たため、大事を取って本日より休場させます」と説明した上で「こういう時期に軽はずみな行動をしてしまった。申し訳ありません」と謝罪した。

 日本相撲協会は7月場所を開催するにあたり32ページに及ぶ「新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン」を制定。13日に発表した。その中に「不要不急の外出を自粛する」と明記されている。錣山親方が阿炎の会食の事実を知ったのはこの日の午後2時ごろ。ガイドラインに反する行為を取った弟子に対し、自らの判断で即座に休場させることを決めた。阿炎は13年夏場所の初土俵から初めての休場となった。

 発熱などの症状はないというが、26日以降に抗原検査やPCR検査を受けるという。結果が判明するまでは休場で、稽古も禁止。自宅隔離の形となる。

 休場に伴い、審判部は取組を編成し直す「割り返し」を実施。朝乃山は8日目に阿炎との対戦が組まれていたが、相手は碧山に変更となった。八角理事長(元横綱・北勝海)は「残念ですよ。協会員一丸となってやっているところで」と嘆いた。一方で芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「さんざん何回もやらかして、世の中がどんな状況か考えてほしい。子供じゃないんだから分かるだろう。みんな我慢しているのに」と怒り心頭だった。

 阿炎は昨年11月の九州場所の前に不適切な動画をSNSに投稿し、厳重注意を受けた。今年2月のSNSに関する研修会では「寝ていたから聞いていない」との発言が問題視され、2度目の厳重注意となった。またしても起きてしまった自覚に欠ける行動は、休場で済むほど軽くはない。

《阿炎の問題行動》
 ▽不適切動画 昨年九州場所の前に、十両・若元春の手足や口などをガムテープで縛った動画を投稿。悪ふざけのつもりだったが、インターネット上で問題視するコメントが広がった。これを機に力士、親方の個人的なSNSが禁止となった。

 ▽不適切発言 今年2月のSNSに関する研修会終了後、感想を求められると「寝ていたから何も聞いていない」などと発言。実際にはちゃんと聞いていたが、報道陣をはぐらかすための言葉が問題になった。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月26日のニュース