移動は個人でも可 NBAが選手に選択権を付与 フロリダ州の感染者は20万人を突破

[ 2020年7月6日 09:08 ]

フロリダ州マイアミに設けられた屋外の検査施設(AP)
Photo By AP

 NBAの再開シーズンに参加する22チームは9日から舞台となるフロリダ州オーランドへの移動を開始するが、リーグ側は新型コロナウイルスの事前検査(7日)を何らかの理由で受けられない選手については、チームのチャーター機ではなく各個人での自費による移動を認めた。スポーツ専門局のESPNが報じているもので、車を利用する場合は到着後に2回、民間航空機を利用する場合には、チーム練習に加わる前に3回の検査が義務付けられる。

 フロリダ州での感染拡大は深刻な状況。5日に新たに感染が判明したのは1万59人で、1万人を突破したのはここ4日間では3回目となった。累計では20万111人(死者3731人)となってついに20万人を突破。同州在住の10・7人に1人が感染したことになり、世界で15番目に多いドイツ全体の感染者数(約19万7000人)を単一の州で上回った。

 ここ1週間の感染判明者数は5266→6093→6563→10109→9488→11458→10059。陽性率は州全体で15%を超えており、1日で5000人以上の感染が判明したのは12日連続となった。

 NBA再開の舞台となるオーランドでの感染判明者は1万474人。一部の選手からは健康面だけでなく精神的な不安を訴える声もあり、30日に予定されている再開初戦にたどりつくまでにはまだ紆余曲折がありそうだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年7月6日のニュース