入場制限なし!ラグビーNZ国内大会2万人大歓声開幕

[ 2020年6月14日 05:30 ]

スーパーラグビーのニュージーランド勢による国内大会開幕戦、ハイランダーズとチーフスの試合を観戦する大勢の観客(AP)
Photo By AP

 新型コロナウイルスの影響で3月中旬に中断したスーパーラグビー(SR)に代わるニュージーランドの国内大会「スーパーラグビー・アオテアロア(マオリ語でニュージーランドの意)」が13日、同国のダニーデンで開幕し、ホームのハイランダーズが28―27でチーフスを破った。

 同国は新型コロナの封じ込めに成功し、世界のスポーツ界に先駆けて一切の入場制限をかけずに実施。会場のフォーサイスバースタジアムには約2万人のファンが詰めかけ、肩を寄せ合って声援を送った。

 国際統括団体ワールドラグビーは、接触を減らすための一時的な規則改正案を発表しているが、同大会では適用せず、通常のルールで行われた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年6月14日のニュース