バド有志14戦士が結集 シャトルリレー動画で嘉村「一緒に乗り越えましょう」

[ 2020年5月25日 22:20 ]

バドミントン男子ダブルスの嘉村健士
Photo By スポニチ

 バドミントンの国内選手有志が24日、ツイッター上に「バドミントンシャトルリレー」と題した編集動画を一斉投稿した。シャトルを受け取った選手が所属チームのユニホーム姿に変身し、次の選手にシャトルをつないでいく内容。2つの動画で計14選手が参加している。男子ダブルスで世界ランク4位の嘉村健士(トナミ運輸)は「有志を募った」とし「普段見られない姿を楽しんで見てください」とつづった。

 嘉村から始まる動画は井上拓斗(日本ユニシス)、桜本絢子(ヨネックス)、岡本洋輝(日本ユニシス)、川本拓真(日本ユニシス)、小野寺裕介(日本ユニシス)、永原和可那(北都銀行)、渡辺勇大(日本ユニシス)、大堀彩(トナミ運輸)、五十嵐優(日本ユニシス)、東野有紗(日本ユニシス)、坂井一将(金沢学院クラブ)、渡辺航貴(日本ユニシス)、奥原希望(太陽ホールディングス)の順で展開されている。

 最後にシャトルを受け取った嘉村は「コロナに負けるな。一緒に乗り越えましょう」と呼び掛けている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月25日のニュース