NYのクオモ州知事がスポーツにゴーサイン 施設での個人トレーニングが可能に!

[ 2020年5月25日 09:11 ]

スポーツ施設の使用解禁を宣言したニューヨーク州のクオモ知事(AP)
Photo By AP

 ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事(62)が24日の会見で「無観客ながらスポーツが戻ってくると信じている。自宅で見ることになるけれど何かを与えることができるはず。さあ、DO IT!」と語り、個人トレーニングに限ってのスポーツ施設の使用を解禁すると宣言した。

 ニューヨーク州にはレギュラーシーズンが中断しているNBAが2チーム(ニックス、ネッツ)、NHLが3チーム(レンジャーズ、アイランダース、セイバーズ)本拠を置いており、開幕が遅れている大リーグのヤンキースとメッツもニューヨーク市が地元。ニューヨーク州の新型コロナ感染判明者は米国全体の21%を占める19万7000人(死者1万6000人)だったが、ここに来てその数はかなり減少しており、それがスポーツ再開への機運につながったようだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月25日のニュース