B1新潟・今村が退団「本当に難しい決断でした」

[ 2020年5月20日 13:13 ]

新潟・今村佳太
Photo By スポニチ

 B1の新潟アルビレックスBBは20日、SG今村佳太(24)との契約が満了となり、退団すると発表した。

 今村は長岡市出身。新潟経営大在学中の17年に新潟に入団し、18年8月には日本代表としてアジア大会(インドネシア)に出場した。同大会期間中の不祥事で1年間の公式戦試合出場権剥奪の処分を受けたが、昨季途中から復帰。今季は39試合に出場し、チーム日本人最多の1試合平均10・9得点を記録するなど、日本人エースとしての活躍を見せていた。

 小菅学社長はクラブを通じ「19~20年シーズンが3月末で中止となった中、4月初旬より幾度となく、今村選手と交渉を重ねてまいりましたが、このような結果となり非常に残念であります」。今村は「日本で最初のプロバスケットボールチームであり、小さい頃から憧れていたこのチームの一員になれたことを本当に誇りに思います。本当に難しい決断でしたが、プロバスケットボール選手として、一人の人間として成長した姿を見ていただけるように頑張ります」とそれぞれコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月20日のニュース