鹿児島国体 今秋開催困難に…移動宿泊にリスク、延期か代替案模索

[ 2020年5月20日 05:30 ]

 鹿児島県で10月に開催予定の第75回国民体育大会が新型コロナウイルス感染症の影響で、今秋の開催が困難な情勢となっていることが19日、関係者への取材で分かった。延期の可能性も含めて代替案を模索しており、関係機関が今後検討を本格化させる見通しだ。

 鹿児島県の緊急事態宣言は解除されたが、全国からの移動や宿泊には感染のリスクが伴う。流行の第2波への懸念もあり、参加選手らの安全面からも通常通りの開催はハードルが高い。約6割の競技の予選会が中止や延期になっており6月中に開催可否を判断する方針が示されている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月20日のニュース