“自己分析の申し子”西郷真央 小中高卒業文集に書いた夢に向かって日々前進

[ 2020年5月20日 05:30 ]

女子ゴルフ 開幕を待つルーキーたち(1)

昨秋にプロとなった西郷真央。新世代の旗手として期待が膨らむ
Photo By スポニチ

 コロナウイルス感染拡大により長いシーズンオフが続く女子プロゴルフ界。期待と不安の中、開幕を待つルーキーを紹介する。第1回は日本女子プロゴルフ協会の制度変更に伴う受験枠拡大により、昨秋に現役女子高生でプロとなった西郷真央(18=大東建託)。1988年のツアー制度施行以降、最難関となる30・8倍の狭き門を突破した西郷に今の心境などを聞いた。

 安田祐香、古江彩佳、西村優菜ら“ミレニアム世代”を代表する実力者を抑えて、昨年6月、西郷は国内女子アマチュアゴルフの最高峰、日本女子アマチュア選手権を制した。

 「気が付いたらプロゴルファーを目指していました」

 小学校低学年の時にはプロになることを念頭に球を打っていた。小中高の卒業文集に書いた将来の夢は、プロゴルファー、賞金女王、永久シード。16歳の時に“レジェンド”尾崎将司の門を叩いてからはより一層、プロの世界を身近に感じながら練習に励んだ。

 その西郷が自分の強みと考えるのは技術的な分野ではなく自己分析力。西郷の日課は就寝前にその日の自分を振り返ること。そして、その分析結果を翌日の練習、トレーニングに生かしていく。日本女子アマチュア選手権最終ラウンドの前夜も普段からマイナス思考に陥りがちな自分を冷静に分析し、優勝パットを沈めて涙するシーンをイメージして眠りに就いた。

 新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン未体験の新人にはタフな長いオフ。さあ、開幕となった時の試合勘など不安もあるが「前向きに自分を見つめなおし、成長できる猶予を与えてもらったと考えてます」と強みの自己分析力で日々前進を続けている。

 「取り組んできたことをどれだけ生かせるか。楽しみです」。自粛生活の中、基礎練習を反復し、課題のショートゲームを強化してきた。6年連続賞金女王・不動裕理と元世界ランク1位・申ジエのような玄人好みの“強いゴルファー”に憧れる18歳。黄金、ミレニアムに続く新世代の旗手として期待は膨らむ。

 ◆西郷 真央(さいごう・まお)2001年(平13)10月8日生まれ、千葉県出身の18歳。麗沢高―日本ウェルネススポーツ大1年。名前の由来は「真っすぐな人になってほしい」との願いから。5歳でゴルフを始める。コーチは尾崎将司、尊敬する選手は不動裕理、目標とする選手は申ジエ。得意クラブはアイアン。昨年のプロテスト18位、QT10位。1メートル58、57キロ。血液型AB。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年5月20日のニュース