関西オープン延期発表 国内開幕戦「東建」から4大会連続で開催できず

[ 2020年4月6日 10:24 ]

 男子ゴルフツアーを統括する日本ゴルフツアー機構(JGTO)と関西ゴルフ連盟は6日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により5月21日から開幕する予定だった関西オープン(兵庫・有馬ロイヤルGC)を延期すると発表した。

 男子ツアーは国内開幕戦の東建ホームメイト・カップ、中日クラウンズ、アジアパシフィック・ダイヤモンド・カップに次いで4大会連続で開催できず。来年度に繰り延べとなり、2021年5月20日から23日までの開催を予定している。

 昨年優勝の大槻智春はJGTOを通じて「今年はディフェンディングチャンピオンとして迎えるはずでしたが延期と決まり、とても残念です。本当に大変な時ではありますが、みなさまとこの危機を一緒に乗り越え、再びトーナメント会場で元気な姿でお会いできることを心待ちしております」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月6日のニュース