全柔連、職員1人がコロナ感染 4日夜判明 発熱症状ある職員も多数

[ 2020年4月5日 08:58 ]

 全日本柔道連盟(全柔連)は5日、東京都文京区の講道館にある事務局に勤務する職員1人の新型コロナウイルス感染を確認したと、公式ホームページで発表した。男性の職員という。発熱があったためPCR検査を実施し、4日夜に陽性と判定された。現在は自宅待機している。

 他にも発熱の症状がある職員が多数いるといい、全職員を自宅待機としている。全柔連は感染者の担当部署などは個人の特定につながるとして公表していない。「早急に所轄保健所の指導のもと、適切な対応を施し、感染拡大防止に努めてまいります」とした。

 全柔連は3月30日から4月10日まで事務局を原則的に閉鎖し、職員を在宅勤務にしている。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年4月5日のニュース