ソフトボール・宇津木麗華監督「できることを一つ一つ全力で」

[ 2020年3月27日 05:30 ]

宇津木麗華監督
Photo By スポニチ

 ソフトボール日本代表の宇津木麗華監督は東京五輪が延期となったことを受け「さらに1年間の時間を与えられたとポジティブに考え、今からできることを一つ一つ全力で取り組んでいきたい」と日本協会を通じてコメントした。

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、代表活動再開の見通しは立っていない。選手が所属する日本リーグ女子も開幕が9月にずれ込んだ。宇津木監督は「この困難を乗り越えられるものと信じて、前を向いていきたい」とした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2020年3月27日のニュース