TOTOジャパンC 愛が首位発進!“五輪へGO”大舞台射程現在日本3位

[ 2019年11月9日 05:30 ]

女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラッシック第1日 ( 2019年11月8日    滋賀県・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72 )

<TOTOクラシック第1日>18番、バーディーを決め首位タイに浮上した鈴木愛(左)はキャディーとハイタッチ(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 最終18番。2メートルのバーディーパットがカップに収まる寸前に鈴木は右手でガッツポーズをつくった。初日から気合十分のバーディー締め。リーダーボードのトップに躍り出た鈴木は「ピンポジションが厳しいので難しいとは思っていたが、思った以上にみんなも伸びなかった。まあいいラウンドだったかな」と控えめながらも笑顔を爆発させた。

 「オリンピックに出たいと思っているので」。先週の樋口久子三菱電機レディースで申ジエとのデッドヒートを制して今季5勝目を挙げた。世界ランクも27位から24位に浮上。日本人2番手で13位の渋野の背中も見えるようになった。「スポンサーさんとか、友人が凄く期待して待ってくれている。それに応えて出たいなと思う」。五輪への意識は支えてくれる周囲の声で高まっている。

 一緒に回ったのが米ツアー組のリーとロー。「言葉がなかなか通じなくて…。距離感を縮められない感じで微妙に回っていました」といつもと違う雰囲気に戸惑いも感じていたが、ショットの距離感はばっちりだった。15番で5メートルをねじ込むと17番では残り40ヤードから30センチにつけるスーパーショットも披露した。

 3日間の短期決戦で好発進を決めた。優勝は意識しないというが「とにかく60台を出せば100点と思う。それを目指して頑張ります」。どこまでもリラックスした表情が週末の爆発を予感させた。

 ▽出場資格 16年リオ五輪の選考方法を踏襲。女子は18年7月8日から20年6月29日時点までの2年間で算出する世界ランキングに基づいた五輪ランキングで出場資格が決定される。男女ともに上位60人が出場資格を獲得。上位15位以内は各国最大4人まで、16位以降は各国最大2人が上限となる。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月9日のニュース