TOTOジャパンC 奈紗 終盤盛り返した!4差は「許容範囲内」

[ 2019年11月9日 05:30 ]

女子ゴルフツアー TOTOジャパンクラッシック第1日 ( 2019年11月8日    滋賀県・瀬田GC北C=6659ヤード、パー72 )

<TOTOクラシック第1日>1番でティーショットを放つ畑岡奈紗(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 大会連覇を目指す畑岡が、終盤の連続バーディーで盛り返した。「最後の2つは簡単なパー5ではないので、そこでしっかり取ってアンダーでいけたのは大きいと思います」とうなずいた。

 前週の試合は体調不良で欠場。「最初、おなかが食中毒みたいになって。後から鼻水とか喉が痛くなったりした」と、1週間クラブを握らず自宅で静養に努めた。その間、国内開催の男子米ツアーのZOZOチャンピオンシップをテレビ観戦し気分転換。「ウッズ選手の優勝は凄いなと思いました。松山さんも自国開催で2位に入ったので、日本選手が上位で戦っていると盛り上がるなと感じました」。今週は日本で開催される唯一の女子の米ツアー競技。「(今日は)オーバーからのアンダーなので…。許容範囲内ではないかと思います」と上位を見据えた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2019年11月9日のニュース