ウッズ、日本で伝説 米ツアー最多タイ82勝 東京五輪“圏内”に浮上

[ 2019年10月29日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー ZOZOチャンピオンシップ最終日 ( 2019年10月28日    千葉県印西市 アコーディア習志野CC=7041ヤード、パー70 )

ウイニングパットを決めギャラリーの声援に応えるウッズ(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 タイガー・ウッズ(43=米国)が日本で歴史を刻んだ。サスペンデッドで持ち越した最終ラウンドの残りホールを消化し、初日から一度も首位を譲ることなく、最終日67の通算19アンダーで完全Vを飾った。4月のマスターズ以来の米ツアー通算82勝目を挙げ、サム・スニードの持つ伝説の最多勝についに並んだ。松山英樹(27=LEXUS)は3打差の2位だった。

 派手なガッツポーズは見せなかった。伝説の記録に並んだ最終日。3メートルのウイニングパットを沈めたウッズは淡々と、そして穏やかな表情でパターを持った右手をゆっくり上げて歓声に応えた。パワーとスピードで他の選手を圧倒した若い頃とは異なる、円熟の域に達した今を象徴するような優勝シーンだった。

 「長い1週間だった。82勝は大きな意味を持つ数字。サムが記録をつくったのは50代だったが、私は40代でできた。米国以外の場所で並ぶことができてうれしい」

 最終日は12番の第1打からプレーを再開。松山に3打差でスタートしたが、第2打をグリーン手前のバンカーに入れて2打差に迫られる。それでも焦りはなかった。1組前の松山が14番パー5で、決めれば1打差となる1メートルのバーディーパットを外したのを後方から見て「レイアップが楽になった」と冷静に第2打を刻んだ。そこからピン上3メートルに乗せ、バーディーパットを沈めて3打差に戻し、勝利を決定づけた。

 8月に左膝にメスを入れ、手探りの状態で前週来日した。大会前には契約メーカーのナイキのイベントに参加したものの、日本のスタッフには米国の担当者から「タイガーは100%の体調ではない。配慮するように」との連絡が入っていた。手術後に18ホールをカートなしで回るのは今大会が初めて。ウッズ自身「膝の痛みが腰にも影響していた」と不安を抱えながら本番を迎えていた。それでもラウンドを重ねるごとに体調は上向きになり「腰の回転も思うようにできた。いい気持ちで振れていた」と振り返った。

 この優勝で目標とする20年東京五輪出場も現実味を帯びてきた。五輪代表の資格基準となる世界ランクは前週の10位から6位に浮上。各国の代表は最多4人までで、大会前は米国選手の7番目だったが、これで“圏内”の4番手に入った。「金メダルを目指してプレーしたことがないから、もし出場できたら光栄だね」。この日ついに肩を並べた偉大な先人、サム・スニードは52歳で82勝目を挙げ、60代になってもツアーに出場した息の長い選手だった。「僕もそれまでプレーできたらいいね。数年前に同じ質問を受けていたら答えは違っていたかもしれないけど、今は未来も明るい」。ウッズの伝説にはまだまだ続きがある。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2019年10月29日のニュース