男子50キロ競歩・鈴木「歩ききりたい」 金メダル最有力候補

[ 2019年9月27日 05:30 ]

世界陸上 27日開幕

フォトセッションに臨む(左から)野田明宏、鈴木、勝木隼人(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子50キロ競歩の日本代表が26日、ドーハ市内で会見し、日本記録保持者の鈴木雄介(31=富士通)は「暑さ耐性が計り知れないので、金メダルは明言しづらい。まずは50キロを歩ききりたい」と目標を“下方修正”した。

 ドーハの湿度の高さにも驚いたそうで「サウナの中のようだった」と苦笑い。それでも鈴木が金メダル獲得の最有力候補であることに変わりはない。「ほかの選手に惑わされず、メダル獲得を見据えたい」と意気込んだ。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年9月27日のニュース