NBA名シューター、キャセール氏が八村にエール「いい選手になる」

[ 2019年8月15日 05:30 ]

<国際親善試合 日本・ニュージーランド>第4Q、ゴール下でシュートに持ち込む八村(中央)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 NBAファイナルを3度制した名シューター、サム・キャセール氏(49=クリッパーズ・コーチ)が、今季からウィザーズでプレーする八村塁(21)にエールを送った。14日に都内で始まったNBAと国際バスケットボール連盟(FIBA)主催の高校生世代のキャンプ「バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ(BWB)」にコーチとして参加。八村と渡辺雄太(24=グリズリーズ)への期待を問われ「いい選手になると既に思っている」と話した上で「やはり大学とNBAの違いはある。そこで学んで成長できればプロとしても凄く将来があるのでは」と話した。

 BWBからはNBA選手が69人誕生し、八村も16年にトロントで参加。日本では7年ぶり2度目の開催でアジア18の国と地域から男女64人(日本8人)が参加しており、キャセール氏は「次の八村を発掘?そのために来たんだよ」と笑った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2019年8月15日のニュース