札幌、30年の五輪招致へ秋元市長「レースがスタート」

[ 2019年6月26日 05:30 ]

 26年冬季五輪の開催都市が決まったことを受け、30年大会の招致を目指す札幌市の秋元克広市長は25日、「招致レースが実質的にスタートすると捉えて、大会の実現を目指して計画の見直しを進めたい」とのコメントを発表した。

 18年平昌、20年東京、22年北京と東アジアで3大会が続いたが、24年夏季大会のパリに続き、26年も欧州。28年夏季大会はロサンゼルス開催が決まっているだけに、30年に立候補予定のソルトレークシティーより、札幌が有利との見方も出てきた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年6月26日のニュース