体操男女団体総合 5人に戻る?24年パリ五輪から検討

[ 2019年2月16日 05:30 ]

 国際体操連盟(FIG)が、20年東京五輪は1カ国・地域4人で争う体操男女の団体総合を24年パリ五輪は5人に戻す案を検討していることが14日、分かった。19、20日のFIG理事会で承認されれば、最終決定を諮る5月の評議員会に提案する。

 日本男子が金メダルに輝いた16年リオデジャネイロ五輪では1チーム5人だった。より多くの国・地域の参加を促す狙いで東京五輪は個人の出場枠を広げて団体の枠を削減したが、予選方式が複雑との指摘を受けて見直しに着手した。東京五輪では個人枠を含めた出場枠が、1カ国最大6に増えた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月16日のニュース