JOC竹田会長 退任論が浮上、後任候補に柔道の山下氏ら

[ 2019年2月16日 05:30 ]

JOC・竹田会長(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 20年東京五輪招致を巡り、フランス司法当局から贈賄容疑で正式捜査を開始された日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)の退任論が浮上していることが15日、複数の関係者への取材で分かった。JOCは6、7月の評議員会と理事会で役員改選を控え、大会のイメージ悪化が懸念される中、続投を疑問視する声も出ている。後任には全日本柔道連盟会長の山下泰裕氏(61)らが取り沙汰されており、竹田氏を名誉会長とする案もある。

 東京の招致委員会で理事長を務めた竹田氏は一貫して潔白を主張している。しかし、捜査は長期化が見込まれ、五輪を前に疑惑を拭い切れない可能性もある中で、今回の改選期に進退を問う意見も一部で強まってきた。

 後任には参院議員で日本スケート連盟会長の橋本聖子氏(54)も候補に挙がっているが、五輪を控えるJOCの会長と国会議員との兼務は厳しいとみられる。

 竹田氏は取材に「真実は一つですから、それを今後も証明していきたい」と述べるにとどめた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2019年2月16日のニュース