×

効き目にびっくり?吉田沙保里さん 20年ぶり市販薬服用

[ 2019年1月24日 14:05 ]

アシックスのリボーンウエアプロジェクト発表会で、リオ五輪期間中も着用していた思い出深い練習着を投かんした吉田沙保里さん
Photo By スポニチ

 レスリング女子で五輪3連覇を含む世界大会16連覇を果たして引退した吉田沙保里さん(36)が24日、東京都渋谷区のアシックス原宿フラッグシップで行われた「アシックス・リボーンウエア・プロジェクト」の発表会に出席した。

 同プロジェクトはスポーツウエアを全国のアシックス直営店やスポーツ用品店などで回収し、来年の東京五輪で日本選手団が着用する公式スポーツウエアへと再生するというもの。公式スポーツウエアは選手が表彰式で着用するとあって、吉田さんは「私が出したウエアが、一緒に表彰台に立ったら、こんなにうれしいことはない」と語り、早速現役最後の大会となった2016年のリオデジャネイロ五輪期間中も着用していたという黒の練習着を回収ボックスに投かん。「選手じゃない人も、同じ気持ちで五輪に参加できる。凄くいい企画だと思います」と参加を呼びかけた。

 引退発表から2週間が経過し、「何も考えなくてもいい」という生活を送っているという吉田さん。特に現役中はドーピングに対して神経質にならざるを得なかったが、現在は市販薬も服用できるように。今月10日の引退会見後には風邪を引いたといい、「市販の薬を飲みました。凄く効いたのでびっくりしました。中学から市販薬を飲んだことがなかったので、20年ぶりくらいだった」と効能にカルチャーショックを受けたようだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2019年1月24日のニュース