×

パワハラ発覚の日体大9位に沈む… 渡辺公二新監督「日々の生活から見直していかないと」

[ 2018年10月9日 05:30 ]

出雲全日本大学選抜駅伝 ( 2018年10月8日 )

日体大の陸上部駅伝ブロック・渡辺公二新監督
Photo By 共同

 部員に対する暴力やパワーハラスメント行為で渡辺正昭前監督が解任された日体大は9位に沈んだ。

 1区で14位と出遅れ、挽回できなかった。陸上部駅伝ブロックの総監督に就任し、1日から指導する渡辺公二氏は「こんな流れになるとは思わなかった」と肩を落とした。全国高校駅伝で兵庫・西脇工を8度の優勝に導いた日体大OBの渡辺氏。今後に向けて「日々の生活から見直していかないと」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年10月9日のニュース