×

大迫 日本記録突破で1億円ゲット 2人目報奨金まだ“余裕あり”

[ 2018年10月9日 05:30 ]

シカゴマラソン ( 2018年10月7日    米イリノイ州シカゴ )

報奨金の1億円の目録を受け取る大迫(右)
Photo By 共同

 日本実業団連合は20年東京五輪に向けたマラソン強化を目的に、15年7月から日本記録突破者への報奨金制度を開始した。これまで1億円獲得者は設楽と大迫のみ。東京五輪の選考が終わる20年3月に制度は終了する。

 資金は実業団基本財団からの拠出や協賛企業からの募集でまかなっているといい、15年からのプールもあり、関係者は設楽が1億円を獲得した際に「あと1、2回は大丈夫」としていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2018年10月9日のニュース