勇太 耐えて3アンダー 全英OPに続き予選を突破

[ 2018年8月12日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー 第100回全米プロ選手権第3日 ( 2018年8月11日    米ミズーリ州 ベルリーブCC )

全米プロゴルフ第2ラウンド、11番でティーショットを放つ池田
Photo By 共同

 池田も通算3アンダーとし、全英オープンに次いで予選を突破した。

 通算4アンダーから出たこの日は、水分を含んだ芝に苦しんで、バーディーなしの1ボギー。「朝早くで体の切れもいまひとつ。内容は悪かったけど、よく耐えた感じですね」と話した。中断前の18番パー4では、第2打が直接カップイン寸前のナイスショットを披露していたが「(中断は)仕方ない。それで終わったのは運がないのかも」と淡々と振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2018年8月12日のニュース