真下さんが優勝 韓国・仁川で開催「PARADISE CITY POKER CUP」

[ 2017年12月16日 00:54 ]

ポーカーイベント「PARADISE CITY POKER CUP」で優勝した真下正典さん
Photo By スポニチ

 ポーカーイベント「PARADISE CITY POKER CUP」(スポーツニッポン新聞社、AJPC ASIAN CIRCUIT実行委員会主催)が15日、韓国・仁川のパラダイスシティで行われ、滋賀県の会社員、真下正典さん(49)が優勝した。

 ファイナルには真下さんのほか大阪府の大垣裕一朗さん(37)、東京都の木村太郎さん(26)、京都府の岡井優子さん(44)、神奈川県の安藤公夫さん(68)、東京都の彦坂啓介さん(45)、滋賀県の田中理奈さん(22)、大阪府の尾藤祐輔さん(22)、埼玉県の今西幸雄さん(62)の計9人が出場した。

 午後1時半のスタートから11時間半の熱戦の末、頂点に立った真下さんには優勝賞金1500万ウォンが贈られた。ポーカー歴8年という真下さんは「海外で初めてトーナメントに参加し、まさか優勝できるなんて。自分はスキルでは劣っていたが、ラッキーでした」とコメントした。

 パラダイスシティは仁川国際空港隣接エリアに今春開業した統合型リゾート(IR)施設で、大会はAJPC(全日本ポーカー選手権)が開催するAJPC ASIAN CIRCUITのオープニングイベントとして実施。参加者150人限定の無料トーナメントで、賞金総額は4000万ウォンという画期的な試み。仁川を舞台に行われたイベントは熱気に包まれた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年12月15日のニュース