SC軽井沢ク連勝!LS北見は1勝1敗 カーリング軽井沢国際

[ 2017年12月15日 05:30 ]

初戦でショットを放つSC軽井沢ク・両角友。左は両角公、右は山口
Photo By 共同

 カーリングの軽井沢国際選手権は14日、長野県軽井沢町の軽井沢アイスパークで開幕して1次リーグが行われ、男子で平昌五輪代表のSC軽井沢クラブが国内の2チームを破り、連勝発進した。

 15日は五輪に出場するスイスと対戦。司令塔の両角友は手の内をさらすことで相手にイメージを植え付ける考えだ。「どういうチームか分かってもらうことが五輪での作戦につながってくる。自分たちを知っているからこそ、向こうの作戦を誘導できる」と“準備”を強調した。

 また、女子五輪代表のLS北見はロシアに敗れ、1勝1敗のスタートとなった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2017年12月15日のニュース