PR:

皆川、喜田 ともに個人総合決勝進出 新体操世界選手権

 新体操の世界選手権第2日は8月31日、イタリアのペーザロで個人予選の後半2種目が行われ、30日の種目別フープで銅メダルを獲得した皆川夏穂(イオン)はクラブで15・750点、リボンで15・300点となってともに種目別決勝を逃したものの、個人総合は4種目合計65・050点の予選9位で9月1日の決勝に進んだ。

 16歳で初出場の喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)はクラブで13・350点、リボンで14・000点と振るわなかったが、合計58・950点の21位で予選上位24人による決勝に進出した。

 ▼皆川夏穂の話 少し力が入りすぎた演技になった。(個人総合決勝は)全種目同じ気持ちでやり切ることが一番。自分が感じたままに楽しく踊りきりたい。

 ▼喜田純鈴の話 ミスは多かったけど、今の実力かなと思う。(決勝は)修正して予選よりもいい演技を見せられるようにしたい。(共同)

[ 2017年9月1日 06:53 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月25日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画