稀勢、本調子出ず 足に違和感…初日まであと4日も

[ 2017年1月5日 05:30 ]

<二所ノ関一門連合稽古>稽古で稀勢の里(左)と対戦する琴奨菊
Photo By スポニチ

 大相撲初場所(1月8日初日、両国国技館)に向け、二所ノ関一門連合稽古が4日、東京都江東区の尾車部屋で行われ、カド番の大関・琴奨菊(32=佐渡ケ嶽部屋)が大関・稀勢の里(30=田子ノ浦部屋)との三番稽古で7勝3敗と圧倒した。

 稀勢の里にとっては不本意な稽古となった。先に平幕・嘉風と8番取って全勝。その後に琴奨菊との三番稽古となったが、早々に息が上がるなど本調子ではなかった。ぶつかり稽古も回避。二所ノ関親方(元大関・若嶋津)は「足にちょっと違和感があると言っていた。そう言われたらしょうがない」と説明した。

 稽古後、稀勢の里は右足を痛がりながら報道陣には対応せずに引き揚げた。ここまで順調な稽古を続けてきたが、初日まで残り4日の時点で一転、不安を抱えることになった。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年1月5日のニュース