JTの越川がビーチ転向へ 北京五輪代表、5月末で退部 東京目指す

[ 2017年1月5日 17:37 ]

越川優
Photo By 共同

 バレーボール、プレミアリーグ男子のJTは5日、2008年北京五輪代表アタッカー、越川優(32)が5月末で退部し、ビーチバレーに転向して20年東京五輪を目指すと発表した。

 最近は代表から外れており、昨年のリオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア予選や15年のワールドカップ(W杯)に出場できず、周囲に「モチベーションを保つのが難しい」などと話していた。以前から目標を五輪出場に置いており、開催国枠で最低でも1組の出場が保証されているビーチバレー転向に踏み切った。

 金沢市出身で身長1メートル89の越川は02年、長野・岡谷工高在学中に初めて日本代表入りし、釜山アジア大会で銅メダルを獲得した。鋭いサーブとアタックを武器に代表のエースとして活躍し、北京五輪出場の原動力となった。サントリーやイタリアでもプレー。14〜15年シーズンはJTの初優勝に貢献し、最高殊勲選手賞に輝いた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年1月5日のニュース