白鵬、出稽古で順調調整 照ノ富士らに14戦全勝「何かいいね」

[ 2017年1月5日 16:55 ]

出稽古で汗を流す横綱白鵬
Photo By 共同

 大相撲初場所(8日初日・両国国技館)で4場所ぶり38度目の優勝を目指す横綱白鵬は5日、東京都江東区の伊勢ケ浜部屋に出稽古し、大関照ノ富士らに14戦全勝と順調な調整ぶりを披露した。

 白鵬はともに昨年2敗を喫した照ノ富士、幕内宝富士を目当てに足を運んだ。突き、押しから素早く組んでの寄り切りが多く、出足も良かった。「何か(調子が)いいね。年末も体を動かしたのが、切れにつながっているんじゃないか」と上機嫌。通常は初日3日前で場所前の稽古を終えるが、年末年始の休みを挟んだことも踏まえて6日も汗を流す意向を示した。

 魁皇の持つ史上1位の通算1047勝にあと39勝としており、最多勝到達が今年の大きな目標。初場所に向け「とにかく優勝争いに絡む。(5月の)夏場所で1047勝を達成できるように、足固めとなる成績を挙げたい」と意気込んだ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年1月5日のニュース