羽生 テンと握手和解「お互い気をつけていけたら」

[ 2016年4月5日 05:30 ]

エキシビションのファイナルで笑顔でダンスする羽生(中)

フィギュアスケート世界選手権 エキシビション

 羽生がテン(カザフスタン)と和解したことを明かした。試合後に握手を求め、「最初はムッとされたけど、割と普通に和解できた。お互い気をつけていけたら」と話した。

 男子SP(3月30日)の公式練習で羽生が曲をかけて滑っている中、テンが進路を妨害する形でスピンしており、「それはねえだろ、おまえ!」と羽生が激高。羽生が「あれは故意だと思う」と言えば、テンも「少し注意散漫だったが、他の選手と滑るとよくあること」と反論していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2016年4月5日のニュース