NBL つくばがリーグ管理下に、経営悪化 試合は予定通り

[ 2014年10月18日 13:18 ]

 バスケットボール男子のナショナルリーグ(NBL)は18日、つくばが運営会社のいばらきスポーツアカデミーの経営状況悪化により当面はリーグの管理下で運営することを決定したと発表した。新しい運営法人が決まるまで選手の給料はリーグが支払い、試合も予定通り行うという。

 今季のつくばは東カンファレンスで2試合を行い、2連敗している。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年10月18日のニュース