松鳳山 日馬富士下し初金星、白鵬と大関陣は連勝

[ 2013年9月16日 19:01 ]

日馬富士を破り、涙ぐむ松鳳山

 大相撲秋場所2日目は16日、両国国技館で行われ、10勝止まりの先場所から巻き返しを期す横綱日馬富士が平幕の松鳳山に押し出され、早くも初黒星を喫した。松鳳山は初金星。

 横綱白鵬は勢を上手投げで退け2連勝。大関陣は2日続けて安泰で、稀勢の里は小結栃煌山を寄り切り、鶴竜は新小結高安を熱戦の末に突き落とした。琴奨菊は碧山をすくい投げで下し、琴欧洲は宝富士を寄り切った。

 両関脇は妙義龍が2連勝としたが、豪栄道は初黒星。新入幕の遠藤は佐田の富士を寄り切って初勝利を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年9月16日のニュース