名門高元監督招へい、体幹強化 日体大改革の成果出た

[ 2013年1月3日 06:00 ]

往路優勝を決め笑顔を見せる日体大の(左から)別府監督、勝亦、本田、山中、木村、服部

第89回箱根駅伝

(1月2日 東京・大手町~箱根・芦ノ湖、往路5区間108キロ)
 「本気で変わらないと65回目(の出場)はないと思った」という日体大・別府監督が着手した改革は選手の走りに表れた。

 4月には高校の名門・西脇工の渡辺公二前監督を特別強化委員長に招へい。週1回のアドバイスで「私が一番変わった」と同監督は苦笑する。選手の見極めと適材適所。この日は3、4区にエントリーしていた4年生を外し、1年生の山中、2年生の木村に変更。山中は3区6位、木村は4区5位と安定した走りを披露し、采配の確かさを証明した。

 また、原トレーナー招へいで取り組んだのは自分の体重で負荷を掛けて体幹を強化する「スタビライゼーション」。2区区間4位の好走でチームを3位に押し上げた本田(3年)は「前は走っているとおなかが痛くなったけど、インナーマッスルで支えるようになって安定してきた」と振り返る。この日の強風でも走りがぶれなかったのは、この効果も大きかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2013年1月3日のニュース