関商工「悔いはない」 後半猛攻及ばず初戦敗退も…

[ 2012年12月27日 15:58 ]

第92回全国高校ラグビー大会1回戦 関商工21―35コザ

(12月27日 花園第3)
 岐阜・関商工は終盤の追い上げが届かなかった。前半は無得点。14―30の後半27分に敵陣30メートルのモールからFB乗冨が「何が何でも取ろうと思った」と1人で抜け出し左隅にトライを奪ったが、時既に遅しだった。

 トライゲッターは2年連続の初戦突破を逃したことに悔しさを見せながらも「勝っても負けても悔いを残さないようにと思っていた。それはできた」とすがすがしい表情を浮かべた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2012年12月27日のニュース