スカウト結実 9年ぶりに多い受検者16人

[ 2012年12月27日 06:00 ]

背筋測定する森宗順平

初場所新弟子検査

 16人が受検した今回は、部屋関係者のスカウト努力も実って初場所としては04年の25人以来9年ぶりの多さ。

 亜大野球部投手で、07年夏の甲子園大会準優勝の広島・広陵高メンバーだった森宗順平(22=藤島部屋)は「自衛隊に落ちたし、監督の勧めもあった」と選択肢の一つだったことを明かし、八角広報部長(元横綱・北勝海)も「不景気もあるが、親方たちも努力してスカウトしてきた成果もある」と分析した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「貴乃花」特集記事

2012年12月27日のニュース