グルジア首相 ソチ冬季五輪に参加表明 ロシアと断交状態も

[ 2012年12月24日 19:58 ]

 グルジアのイワニシビリ首相は24日の記者会見で、2014年2月にロシア南部ソチで開催されるソチ冬季五輪にグルジア選手団を派遣すると述べた。ロシア通信などが伝えた。

 首相はソチ冬季五輪に「もちろん参加する。ロシアとの関係改善を望むなら参加を拒否しないのは当然だ」と述べ、南オセチアをめぐる08年の軍事衝突以来、断交状態にあるロシアとの関係修復に強い意欲を示した。

 ソチはグルジア国境に近いことから、軍事衝突後のグルジアとロシアの関係改善が進んでいないことはソチ大会の安全確保の上で不安定要因の一つと指摘されてきた。

 首相はその一方で、軍事衝突後の09年に脱退した旧ソ連諸国で構成する独立国家共同体(CIS)への復帰は考えていないと述べ、ロシアとの関係改善後も欧州連合(EU)加盟を目指す方針を堅持する考えを示した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年12月24日のニュース