×

J2降格圏19位の京都が元U―20ブラジル代表ストライカーを獲得へ

[ 2024年6月18日 02:00 ]

J1京都のチョウ監督(中央)ら
Photo By スポニチ

 J2降格圏19位と低迷する京都が今夏新戦力としてクルゼイロ(ブラジル1部)から元U―20ブラジル代表FWハファエウ・エリアス(25)を獲得することが17日、分かった。関係者によると今季終了までの期限付き移籍。契約は合意に達しており、来日手続きを進めているという。

 技術とパワーを兼ね備える左利きのストライカーで、今季公式戦17試合4得点。19年にはブラジル代表FWロゴリゴ(Rマドリード)らとともに南米ユース選手権に出場した。札幌戦でリーグ8試合ぶりの勝利を手にしたが、チームはJ1最少15得点。得点力アップが課題となっている。

 またジュベントゥージ(ブラジル1部)の1メートル88長身DFゼ・マルコス(26)には正式オファーを提示。J1残留へ向けて攻守の補強を進めている。

 ◇ハファエウ・エリアス 1999年4月12日生まれ、ブラジル・サンパウロ州出身の25歳。元U―20ブラジル代表。1メートル79、83キロ。利き足は左。

 ◇ゼ・マルコス 1998年2月1日生まれ、ブラジル・パラナ州出身の26歳。元U―17ブラジル代表。1メートル88、84キロ。利き足は左。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2024年6月17日のニュース