神戸 スポンサー看板蹴り上げた初瀬亮の行為を謝罪 厳重注意を受けた本人「二度と行いません」

[ 2021年10月18日 15:23 ]

<神戸・福岡>後半、ドリブルでかわす神戸・初瀬(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 神戸は18日、16日の福岡戦(ノエスタ)の先制後にスポンサー看板を蹴り上げたDF初瀬亮(24)の行為を謝罪した。

 クラブは初瀬に対して厳重注意をし、本人も「得点後の感情の高ぶりからやってはいけない行為をしてしまいました。二度と行いません」と反省しているという。

 今後に同様な行為が繰り返されぬよう指導および教育を徹底し、スポーツマンシップに則った姿勢で取り組んでいく方針も示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月18日のニュース