IOC W杯の隔年開催案に懸念「FIFAの収入増を目的とした計画」との指摘意見に同調

[ 2021年10月18日 05:30 ]

 国際オリンピック委員会(IOC)は16日にアテネで理事会を開き、国際サッカー連盟(FIFA)が検討しているW杯の隔年開催案に懸念を表明した。

 他の国際競技連盟(IF)や各国の協会、クラブ、選手などサッカー関係者が「FIFAの収入増を目的とした計画に強い懸念を表明している」と指摘。反発に同調し、主要大会の主催者や選手の代表を含めた幅広い議論が「明らかに行われていない」と批判した。夏季五輪実施年と重複する可能性を踏まえ、否定的な方向に踏み込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月18日のニュース