森保ジャパン“崖っぷち”で豪州撃破!7大会連続7回目のW杯出場へ望み繋げた

[ 2021年10月12日 21:05 ]

W杯アジア最終予選B組   日本―オーストラリア ( 2021年10月12日    埼玉 )

<W杯アジア最終予選 日本・オーストラリア>後半、勝ち越し喜びを爆発させる日本代表イレブン(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 男子サッカーのW杯アジア最終予選第4戦が12日、各地で行われ、日本代表は本拠でオーストラリア代表に2―1で勝利。森保監督の進退問題も浮上していた一戦、今予選初出場初先発に抜てきされたMF田中碧(21=デュッセルドルフ)が前半8分に先制ゴールを決めるなど活躍。1―1の同点とされた後半40分には途中出場のMF浅野拓磨(26=ボーフム)がオウンゴールを“誘発”させるシュートを放ち、勝ち点3獲得に貢献。3戦全勝の首位オーストラリアに今予選初黒星をつけ、7大会連続7回目のW杯出場へ望みを繋げた。

 日本は同予選3試合を終え、1勝2敗の勝ち点3でB組3位。W杯出場権が自動的に与えられる上位2チーム(オーストラリア、サウジアラビア)は、ともに3戦全勝の勝ち点9で日本とは勝ち点差6。98年大会以降、W杯最終予選で3戦2敗は突破率0%とあって森保監督の進退問題も浮上していた。

 そんななか森保監督は従来の4―2―3―1から4―3―3へシステム変更。7日のサウジアラビア戦からMF柴崎、MF浅野、MF鎌田が外れ、MF田中とMF守田、前節出場停止だったMF伊東をスタメン起用。さらに森保監督は試合前の国歌斉唱で目を潤ませるなど、この一戦に懸ける“覚悟”を感じさせた。

 すると前半8分、左サイドMF南野からのクロスをMF田中がペナルティエリア内で受け右足を一閃。今予選初出場初先発の田中が冷静にネットを揺らした。

 先制した日本だったが追加点は奪えず。前半41分にはピンチを迎えたが、GK権田がFWタガートの至近距離からのシュートに鋭い反応。わずかに触れ右ポストに救われた。しかし後半22分、MF守田がMFフルスティッチをエリア内で倒したとしてPKの判定。これはVAR判定の結果、わずかにエリア外だったとしてFKとなったが、キッカーのMFフルスティッチに左足で強烈なシュートを決められ同点に追いつかれた。

 同点とされた日本だったが後半40分、途中出場のMF浅野がDF吉田からのロングフィードから抜け出し左足でシュート。これを相手GKが手で弾くと、右ポストに当たったボールが相手選手に当たりゴールイン。土壇場での“劇的なゴール”より貴重な勝ち点3をもぎ取った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年10月12日のニュース