川崎F・登里「切り替えないと」、ACL失意のPK敗退もJ連覇へ再出発誓った

[ 2021年9月17日 05:30 ]

川崎F・登里
Photo By スポニチ

 川崎FはACLの悔しさをバネにリーグ連覇を目指す。14日の決勝トーナメント1回戦で蔚山(韓国)にPK戦で屈し敗退。悲願のアジア初制覇は来季以降に持ち越しとなった。

 16日にオンラインで取材対応したDF登里は「失望感とか悔しさもあった」と明かした一方で「切り替えないといけない」と強調。リーグ戦は2位横浜と勝ち点1差で、引き分け以下で首位陥落の可能性もある18日のアウェー・徳島戦へ「どんな形でも勝って、また自分たちのリズムを取り戻したい」と再起を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月17日のニュース