シントトロイデン林 決勝弾呼ぶ豪快ドリブル突破で勝利に導く

[ 2021年9月15日 05:30 ]

ベルギー1部   シントトロイデン1-0ベールスホット ( 2021年9月13日 )

林大地
Photo By スポニチ

 シントトロイデンの東京五輪日本代表FW林が、豪快な突破から決勝ゴールを呼んだ。

 前半42分、自陣からドリブルを開始した。DF2人を抜き去り、ペナルティーエリアの手前まで運んだところで3人目のDFのファウルで倒されたが、そのこぼれ球をMFデリッデルが右足で決めた。

 デビュー弾を決めた28日のセルクル・ブリュージュ戦に続く2試合目の出場。FW鈴木優と初めて日本人2トップを組み、またもや結果を出した。林のほかにもフル出場したGKシュミットら今季最多の6人の日本人選手が出場し、チームを今季初の2連勝に導いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月15日のニュース