名古屋・シュヴィルツォク「皆のおかげ」 ACL初出場で圧巻3発 点取り屋加入で悲願アジア制覇見えた

[ 2021年9月15日 05:30 ]

ACL決勝トーナメント1回戦   名古屋4-2大邱 ( 2021年9月14日    豊田ス )

 大邱戦の後半、決勝ゴールでハットトリックを達成し喜ぶ名古屋・シュビルツォク(右)=豊田
Photo By 共同

 16強による決勝トーナメント1回戦が14日に各地で行われ、名古屋は大邱(韓国)に4―2で逆転勝ち。4強入りした09年大会以来2度目の準々決勝進出を決めた。2度リードされる苦しい展開だったが、7月に加入したポーランド代表FWヤクブ・シュヴィルツォク(28)がハットトリックを達成した。

 リーグ戦を含めて今季1度もなかった逆転勝利を、大一番で手にした。2度のビハインドを跳ね返す底力を発揮。その立役者になったのが“クバ”の愛称で知られるシュヴィルツォクだった。

 「どのゴールが良いとかはないよ。3ゴールは皆のおかげだ」。周囲に感謝したが、圧巻のゴールショーだった。前半12分にはGKとDFのタイミングを外すシュートでネットを揺らし、後半18分にはDFのマークを外したヘッド弾。そして同20分には相手DFからボールを奪取して逆転弾を叩き込んだ。うまさ、抜け目なさ、力強さ。すでにJリーグでも得点を挙げているが今夏欧州選手権にも出場した実力はアジアの舞台でも頭一つ抜けていた。ACL初出場で圧巻のハットトリックに、フィッカデンティ監督も「能力の高さを見せつけてくれた」と驚きを隠さなかった。

 準々決勝は10月17日に韓国・全州で開催される。これまで不在だった“本物”の点取り屋が加わった名古屋が悲願のアジア制覇へと突き進む。

 ◇ヤクブ・シュヴィルツォク 1992年12月28日生まれ、ポーランド出身の28歳。ポーランド、ドイツ、ブルガリアのクラブを経て今年7月に名古屋加入。8月福岡戦のJ1初得点が同月間ベストゴールに選出。ポーランド代表通算6試合1得点、今年の欧州選手権に出場。1メートル84、86キロ。愛称はクバ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月15日のニュース