浦和 京都橘FW木原励の来季加入内定を発表「レッズの伝統と責任を背負う覚悟を持って闘います」

[ 2021年9月15日 11:41 ]

京都橘・木原励
Photo By スポニチ

 浦和は15日、京都橘高3年のFW木原励(れい、18)の来季加入が内定したと正式発表した。クラブは木原の特長として「ボールキープ、裏への抜け出し、高い得点感覚が魅力、ゴール前で的確な判断ができ、ポジショニングも良く、ゴールへの意識が高い」としている。

 今季は複数回、浦和の練習にも参加。「Jエリートリーグ」にも練習生として出場し、先月2日のJ2水戸戦では1得点をマークした。身長1メートル80、体重68キロ。京都橘高では2年時から主力として活躍。万能FWとして今年の高校No.1の呼び声も高い。

 クラブを通じ「少しでも早く試合に関わり、結果を残せるように、日々の練習を全力で取り組み、先輩から多くの事を学び吸収していきたいです。そして、たくさんの人に愛され応援される選手になり、浦和レッズの伝統と責任を背負う覚悟を持って闘います。よろしくお願いします」などとコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年9月15日のニュース