大久保嘉人「今日は一番恐れていた弁当の日」 2人暮らしする9歳三男のため“キャラ弁”づくり

[ 2021年5月13日 15:45 ]

大久保嘉人
Photo By スポニチ

 C大阪の元日本代表FW大久保嘉人(38)が13日、自身のSNSを更新。3月から大阪で父子2人暮らしをスタートさせた三男・橙利(とうり)くん(9)のために手作りした弁当写真を公開した。

 「今日は一番恐れていた弁当の日」と書き出した大久保は「妻に『ピカチュウとダグトリオを作ってみたら』と言われ『作ってみるわ』と言ってしもたからやるしかない!と覚悟決めたものの作れるか心配で6時に目が覚めた」と“キャラ弁”作りへのプレッシャーから予期せず早朝6時に覚醒してしまったことを報告。「味はわからんからどーなんやろ。何も出来ないオレが出来るのだから、チャレンジすればみんな出来ると思う!」と前向きにつづった。

 今季から15年ぶりにC大阪へ復帰した大久保は結婚16年になる妻・莉瑛さん(38)との間に長男・碧人(あいと)くん(15)、次男・緑二(りょくじ)くん(11)、三男・橙利(とうり)くん(9)、四男・紫由(しゆう)くん(4)と4人の子宝に恵まれ、そのうち橙利くんだけが3月14日に父のいる大阪へ単身引っ越し。父子2人暮らしをスタートさせている。

 橙利くんは2017年1月に放送された日本テレビの人気特番「はじめてのおつかい」に挑戦しており、お茶の間でもおなじみの存在。4年前の同番組では大好きなママを思って大泣きしていた橙利くんのすくすくとした成長ぶりにファンも多い。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月13日のニュース