FC東京はホームで横浜に完敗 長谷川監督「ホームゲームで0―3という結果は監督の責任」

[ 2021年5月1日 16:47 ]

明治安田生命J1第12節第1日   FC東京0―3横浜 ( 2021年5月1日    味スタ )

<FC東京・横浜>リモートマッチとなったためスタジアムに人の姿はなかった(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 まさしく力負けだった。FC東京は横浜に0―3で敗れ、今季リーグ4連敗。4都府県の緊急事態宣言を受けて今季最初のリモートマッチ(無観客試合)となる中、反撃の狼煙を上げられなかった。

 またも先にゴールを許した。これで先制されるのは今季12試合のうち9試合目となった。前半8分、左サイドから攻略されると守備網が乱れてゴールネットを揺らされた。その後は耐え切ったものの、後半にも立ち上がりの7分に失点。9分後に3点目を奪われ、試合の趨勢は決した。

 長谷川健太監督(55)は「警戒して、集中力を高く入ろうと臨んでいる。前半(の失点)は少しアクシデントがあって動揺を突かれた」と振り返り、「ホームゲームで0―3という結果は監督の責任だと思っている」と厳しい表情で話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月1日のニュース