Jリーグ 外国籍選手らの入国待機期間短縮など要請へ 村井チェアマン「エビデンスが整いつつある」

[ 2021年2月8日 12:42 ]

村井チェアマン
Photo By スポニチ

 JリーグとNPB合同の「新型コロナウイルス対策連絡会議」が8日にオンラインで行われ、Jリーグの村井満チェアマン、NPBの斉藤惇コミッショナー、専門家チームらが出席した。

 外国籍選手らの入国時の待機期間の短縮、そして新規外国人監督、選手の入国開始を政府に要請していく方向性で一致。村井チェアマンは「2つの重要要請テーマがあるが、場合によってはステップを踏んで、(待機)期間短縮から要請に入り、同時進行で新規入国の課題も議論していく」と話した。
 
 外国籍選手らが入国する際には2週間の待機期間が必要となり、合流が遅れる事態が発生している。会議では科学的根拠をもとに10日間から1週間への短縮が検討され、村井チェアマンは「ある程度のエビデンスが整いつつある」と要請に向けた状況を説明した。

 一方、新規外国人監督、選手の入国開始要請は難航が予想される。10都府県への緊急事態宣言下の現在、ビジネスの往来も停止中。スポーツ界のみの特例を要請するに値する科学的根拠は乏しく、村井チェアマンは「もう少し丁寧に議論を深めていかなければいけない」と話した。

 現在、Jリーグでは徳島を指揮するスペイン人のダニエル・ポヤトス新監督らコーチ6人、選手23人、その他家族24人の計53人が来日できず、開幕に間に合わない状況が生まれている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年2月8日のニュース