鹿島 新ユニホーム発表、創設30周年 決意の“オールレッド”に上田「身が引き締まる」

[ 2021年1月27日 05:30 ]

新ユニホームに袖を通し、笑顔の鹿島・上田(C)KASHIMA ANTLERS 
Photo By 提供写真

 鹿島は26日、オンラインで新体制事業発表会見を行った。創設30周年記念の新ユニホームもお披露目され、ホーム用はシャツ、パンツ、ソックスをクラブカラーである深紅で統一。初代ユニホームを踏襲した10年ぶりのオールレッドで、FW上田綺世(22)は「かっこいい。オールレッドは身が引き締まる」と感想を語った。

 20周年の11年からメモリアルイヤーに採用してきたオールレッド。11年はリーグ杯を制覇するなど、5年連続の国内タイトルをつかんだ年でもある。昨季チーム2位の10得点を挙げ、今季から背番号18に変更した上田は「欲しかった番号を頂いた。昨年以上の結果を残せるように」と話し、伝統の“戦闘服”で黄金期復活を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2021年1月27日のニュース